犬育て中の事故〜新米ワンコママの告白

ワンコ

はじめに

2020年6月。ビジュは5歳になりました。今回は犬育て中の事故を中心に書いてみたいと思います。新米ワンコママで、何度もヒヤヒヤしました。どなたかのお役にたてれば嬉しいです。

私と動物の環境

私は実家でも動物を飼ったことがなく、人生初の犬との暮らし。犬育ては本当に試行錯誤でした。旅行など、生活全般に関してはネット検索が大好きなのですが(笑) 犬ノイローゼ時代にネット検索すると「ひとりで犬を飼う身勝手さ」や「愛犬家ブログ」ばかりが目に入り、落ち込むことが多く・・・。犬のことではネットを検索しない習慣が続いていました。

そんな私が、思い切ってブログで犬ノイローゼを告白したら、「私もそうだったよー」って言ってくれる友人もいて、なんと今では私に犬を飼う相談が来たことも・・。

「悩んだAKOさんだからこそ相談したかったの」

これにはびっくりしたけど素直に嬉しかったです。今後は犬に関しては検索をするよりも、私独自の話を発信することにしました(^^)

 

さて今回の話は、私の犬育て中の事故です。怖い体験ばかりですがよかったら最後まで読んでくださいね。反省点や先輩ワンコからママからのアドバイスも書いています。

犬育て事故

①毛のお手入れ不足

これはつい先日のこと。私がビジュの耳の毛をちゃんとブラッシングしていなくて起きた事故。

私が仕事から帰ってお互いご飯を食べてのんびりしていた時のこと。急にビジュが「クーンクーン」と泣き出した。

びっくりして見ると、耳の毛と足の毛が絡まって取れなくなっている!!!!

とりあえず強引に毛を切って対応。 ふーよかった・・・留守中じゃなくて・・

思えば、最近海外旅行に行くたびにペットホテルに預けたタイミングで、足の毛と爪をカットしてもらっていたけど、コロナ中で海外にいかず。。。ペットホテルの利用がなくなったのに美容院に連れて行ってなかった・・・。

とにかく急いで近所の犬の美容院へ。

耳の部分を短めにカットしてもらいました〜。ちなみにビジュのシャンプーカットは3500円。

美容院代は、犬の犬種で様々です。通称「カット犬(トイプードルなど)」だったら1万円以上。やっぱりシャンプーだけで大丈夫なダックスでよかったと思う今日この頃(笑)

そうなのです。私がダックスを飼ったのは、シャンプー犬だったからも大きな理由です(^^)

カット犬だと、1ヶ月に1回程度は美容院に連れて行ってあげてますね。お金持ち犬です。ちなみに私の同じマンションのトイプーちゃんは、2週間に1回東京の犬の美容院に通っています。年間で予約しているそうです。愛情が違います・・・。

【反省】

ママへ 3500円ケチらないで早く連れて行ってくださーい! by ビジュ

②公園での誤食で下痢

さて次は、公園での誤食です。この日は早く起きたので朝の4時から近所の公園までお散歩。本当はリード(首輪を繋ぐ紐状のもの)をつけなくちゃいけないけど誰もいなくてビジュをフリーで走らせちゃったの。帰宅してそのまま仕事へ。夜帰宅したら、下痢してて。。

思い当たるのは朝の公園での誤食。見張っていたつもりでしたがお花見の後の時期だったので何か食べ物が落ちていたのだと思います。

どうしていいか迷ったけど、とりあえずソファーで一緒に寝ることにしました。ちなみにいつもはクレート(プラスチックのキャリーケース)の中では寝かせています。

ソファーには、ゴミ袋を切って大きなビニールシート状にして、その上にタオルケットで完全武装。こんな時にソファーを大切にする自分に呆れたけど・・・これは無意識にやってましたね。

ビジュは初めて私と一緒に寝たので嬉しかったのかな。スースーと寝てました。私の方はほとんど寝れず。。。ぐったりした1日になりました。結局下痢はすぐに治りましたが猛烈に反省。

【反省】

公園でリードは絶対に離しちゃいけない(当たり前ですね苦笑)

③真夏の熱中症

実家の庭です

これは2年ほど前にお盆休みに実家に帰った時のこと。私の実家は茨城県です。東京から特急で約1時間の距離。事件は帰りの特急車内で起こりました。

突然ビジュが「ハーハー」と息苦しそう。これはすぐに熱中症だと思いました。

暑い時の外出は気をつけてねと友人から聞いていたのにやっちゃった事故。行きはアドバイス通りにペットボトルの水を凍らせて、移動用のキャリーバックのポケットに入れておでかけ。ところが、夕方実家から帰宅するときに凍らせたペットボトルを忘れてきちゃった・・・実家の冷凍庫の中から取り出すのを忘れちゃったのです。 気がついた時は特急電車の中。東京までノンストップ状態。

どうしよう。。そんな時、母が持たせてくれた残り物のおかずにつけてくれた小さな保冷剤。その保冷剤をビジュの体に擦り続けました。なんとか自宅に帰りクーラーのつけた部屋でビジュをバックから出すと、何事もなかったように走り回るビジュ。ふーよかった・・・。

【反省】

一番暑かったのは、多分駅のホーム。コンクリート上では軽く40度以上あったはず。夏のコンクリートは危険だと認識していましたが甘かったですね。それにしても実家からおかずをもらってきておいてよかった。普段は実家からの残り物はもらってこないことが多いのだけど虫の知らせだったのかな・・小さな保冷剤が命拾いしました(^^)

【友人達のアドバイス】

    • 緊急時は犬を氷の入った水風呂の中に入れて冷やすこと
    • 犬用ポカリスエットを持ち歩くこと

犬用のポカリスエットがあるのですね。甘くて美味しいらしく、食いしん坊ビジュは大好きそう。

④お風呂掃除カビキラー事故

最後の事故は、カビキラー事件です。

ある日。ビジュのお腹の部分に赤い点々の湿疹ができました。気がついたのは私が海外旅行に出かける日の朝。どうしよう。。とりあえず私が病院に連れて行く時間がないので一旦羽田空港ペットホテルへ。具合が悪くなったら病院に連れて行ってくれるシステムがありスタッフの方にお願いして出かけましたが何事もなく過ごして終了しました。ただ何が原因だったのかなと心に引っかかっていましたがずっと分からずじまい。

そして数日後思い当たること「お風呂場で使用したカビキラー」

私は頻繁にカビキラーを使うのですが、どうもお風呂場に侵入してお湯を飲んじゃったみたい。ビジュはお湯好きで隙があるとお風呂場の残り湯を飲んでいるのを知っていました。ちなみに犬には「氷が大好き派」「お湯が大好き派」がいるみたいですね。うちは暖かい派です。

旅行に行く前にはお風呂をきっちり掃除してカビキラーをするのが習慣でしたが。この事故以降はお風呂場のドアがきっちりしまっているかを確認。更にアラームをつけて短時間でカビキラーを使っています。

これが一番怖い事故でした。

ビジュは今年で5歳。ここまで無事に生きてこられて本当によかった。

ビジュへ

色々ごめんね〜。新米ママだけどこれからもよろしくね。

そして今回アドバイスをくれたノイローゼ時代育ててくれたMちゃんより。

私も今まで犬を何匹か育ててるけど、ビジュはダントツ我慢強い子だと思うわよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!