<バーミキュラ>ライスポットで美味しいご飯を炊く

食空間

はじめに

バーミキュラ社の炊飯器を買いました。美味しく炊けることと無水料理もできるので便利に使っています。

私の炊飯器の歴史

今のマンションに引っ越す時に炊飯器を断捨離しました。それから約10年間炊飯器を持っていませんでした。理由は炊飯器がお洒落じゃないことと場所を取るから。めんどくさいと思ったこともありますが、炊飯器はデザイン製の高い海外家電がないから仕方がないと思っていました。

そして最近は、ご飯はストウブのGOHANというお鍋で炊いていました。これは日本限定版のお鍋です。ご飯を炊くため専用のお鍋です。

ストウブ社 ラ・ココットDe GOHAN はこちら

美味しく炊けて気に入っていました。でも・・・そんなある日、シャープ社のタイマー付きキッチン家電ホットクックを購入しました。

ほったらかしの生活がいかに便利かを実感した私は、お鍋でご飯を炊くことが、めちゃくちゃめんどくさく感じてしまうようになったのです。ホットクックでもご飯は炊けますが、うーん。。。味がイマイチ。

というわけで買っちゃったのはこちら↓

バーミキュラ ライスポット

写真は公式ホームページよりお借りしています。それにしても日本製のバーミキュラのホームページは海外家電みたいで素敵です。今回の記事は公式ホームページの写真をたくさんお借りしちゃいますね。

何度も言いますがこれ日本製なんです!!  お洒落なホームページだしデザインも炊飯器の中ではダントツ素敵です(笑)

私は3合炊きの「MINI」を使っています。実際にはこんな感じです。

台座は黒。これも白にして欲しい・・。

最近は玄米も炊くようになりました。


こちらの玄米は初心者にも食べやすいです。私は白米:玄米=1:1で炊いています。

無水鍋としての使い方

ここからは料理編です。タイマー付きのお鍋としても使えるようになっています。

写真は公式ホームページよりお借りしています。

ポトフを作っている様子です。無水鍋なので野菜の水分で煮込んでくれます。

使った感想

こちらの写真も公式ホームページより

よかった点

  • ご飯が美味しく炊ける
  • 炊き方には白米と玄米共に「普通モード」と「おこげモード」の2つあって、最近は「おこげモード」一択。これはおすすめ!!
  • 無水鍋でタイマーがついている
  • 付属のレシピ本がおしゃれで美味しい

気になる点

  • 高級なこと。タイマー機能つきなので無水鍋の約3倍のお値段
  • 炊飯機能には保温機能がないこと。私はお鍋で炊いていたので特に問題ありませんでしたが、購入を迷う一番の問題点になりそうなのでここに書いておきます。料理機能には保温機能がついています。ご飯を保温すると美味しさが下がるというメーカーの強い希望の様子。
  • 炊飯の場合予約タイマーが12時間以内。朝6時にセットすると18時には出来上がり。私の場合帰宅に合わせてもう少し遅くの時間に合わせたいのですが、保温機能がないことも併せてこれが一番の問題点。

総合評価

ご飯の味は今まで使っていたストウブとバーミキュラでは同じだと感じました。ただこのタイマー付きの機能のあるなしをどう判断するかですね。私の場合は、このデザイン性と時間を有効に使えることを大きく評価しています。

最後に

私が持っているシャープ社のホットクックと併せて最近の日本家電は素晴らしいですね。そして2つには共通点があります。それは時間を有効に使えること。私のAI家事のご紹介でした!

バーミキュラ ライスポット公式ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: Content is protected !!