キッチン

このブログについて

AKOです。1971年生まれ。横浜でワンコと1人&1匹で暮らしています。40歳の時に1LDKのマンションを購入しました。インテリアが大好きで、新築時と入居1年後にリフォームしましたが、今は家は3回建てないと理想の家にならないという言葉を実感しています。こちらのブログは、未来のリフォームを目指して「おうちが大好きな方」と繋がりたくて書き始めました。マンション購入後に暮らし始めたワンコ生活のこと。そして進化している家電の使い心地などを綴っています。

history

<海外製キッチン>ドイツ製ガゲナウ社・バーベキューグリルの使い心地と普段の掃除方法

<海外製キッチン>ドイツ製ガゲナウ社・バーベキューグリルの使い心地と普段の掃除方法

はじめに

1LDKのマンション購入時に、海外製のキッチン家電を導入しました。バーバキューみたいなグリル料理ができる機器「バーベキューグリル」を導入しました。

ガゲナウ バーベキューグリル

ドイツのキッチンメーカー「ガゲナウ」この名前を知っているなら、かなりのマニアックな人でしょうね(笑)
大好きな料理家で有元葉子さんの本にも写真が出ているので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。記事にはガゲナウのことには触れていませんが記憶にはありました。

さてこのバーベキューグリルというのは、自宅で、バーバキューという感覚で焼く機械です。

仕組みは、溶岩石と呼ばれる、小さな石が、網の下に敷き詰められていて、電源を入れるとこの溶岩石が温まって、遠赤外線で焼くというもの。網を取り外すとこんな感じです。8年くらい使っているので熱伝導の線の汚れはこんな感じです。

お手入れ

お手入れは主に2つ。溶岩石の交換と網の掃除です。

溶岩石の交換

こちらの写真は、石がまだ新しい状態です。

そして使っているうちに石が黒くなっている状態です。こうなったら溶岩石を購入して交換します。

導入した頃は、3ヶ月に一度購入していましたが、現在は慣れてきて、半年に1回程度の交換をしています。
溶岩石はオンラインショップで購入しています。約4000円です。写真はお借りしました。

(輸入販売会社のオンラインショップより)

網の掃除

私は普段は、使ったごとに、上の網の部分だけの掃除を行なっています。そんなに大変さは感じないですね。洗ったら、ふきんの上で乾かしています。

最近使っているブラシはこちらです。プロのお掃除の方に教えてもらいました。色々使ったけど、この曲がり具合がいいのかな。
愛用しています。

話は脱線しますが、年に数回、プロの方に、お風呂掃除をお願いしています。ちなみにキッチンは、換気扇も含めて全て自分で掃除しています。理由は、キッチンはこまめにやればなんとか綺麗に保てるから。ってお風呂も同じ原理ですから理由になっていませんね(笑)ただ体力的にお風呂掃除の方がいると考えているので、お風呂だけをお願いしています。

使った感想

<よかった点>

美味しい!!
最初は、特別なお肉を買ってきたりしていましたが、最近は普通に使っています。野菜を焼いたり、秋刀魚を焼いたり、時々焼き鳥を焼いたりしています。焼き鳥用のお肉ってスーパーでも売っているのですよね。
グリル料理って本当に美味しい!!

<気になる点>

当たり前ですが、煙が出ること。
魚を1匹くらいは換気扇だけで十分ですが、網いっぱいの量を焼くときは、窓の換気が必要だと思います。私の家についている既製品の換気扇だけでは、完全に排気できないですね。

ただ私の部屋はキッチンからベランダに出れるドアがついているので、これが排気がうまくできているコツかもしれません。今のマンションは色々な間取りがあった中で今の部屋を選んだ理由の1つでした。当時は明るさが目的でしたが、結果的にバーベキューグリル生活に大きく役にたってくれました(^^)

ガゲナウを導入下きっかけ

私は、大のアメリカドラマ好き。1LDKのマンションを買った時、ドラマで見た四角い洗濯乾燥機が欲しくて、色々調べていました。当時、無印とLG電気がこコラボしていた、四角い洗濯機を買おうとしていたのに、廃盤に。でも、どうしても諦めずに、見つけたのが「ミーレ社の洗濯機」多分、大きくて私の洗濯機には、置けないかもと思ったけど、どうしても見たくて、東京・表参道にあるミーレショールームへ。洗濯機は、やっぱり置けないことが分かってすぐに諦めましたけど(笑)そんなきっかけでしたが、ショールーム入り口に置いてあった、キッチンにクギ付け!!

「なんて楽しい発想なのかしら?」っていうのが、感想。そもそも、当時そんなに料理してなかったけど、家電好きな私としては、機械を入れたい気持ちの方の方がいっぱい!!

その後、店内を見て回って、「バーベキューグリル」という、グリルの機器に最も興味を持ちました。

帰宅してすぐに海外キッチン家電を調べ始めました。調べていくうちにたどり着いたのが、「ガゲナウ社」早速ショールームへ。実際に見て即決しました。ミーレ社と機能を比較したわけではありませんので、あまり参考になる話ではありませんね。ただガゲナウのデザインの方のバーベキューグリルが気に入ったからです。その後ミーレ社の電子レンジつきオーブンを導入したので、メーカーを揃えてもよかったのかなとも思いましたが、1つづづ気に入ったものを導入しました。

キッチン改造計画

1LDKのキッチンに海外製のキッチン家電を入れていると言うと、必ず聞かれるのが、キッチンのリフォームをしたのかということ。

でも私の場合は、普通の1LDKマンションのキッチンに海外製家電を入れたというスタイル。後になって、このスタイルはやってくれる業者が少ないことを聞きました。既存のキッチンを削ってキッチン機材を入れるリスクがあるからです。当時担当していただいた輸入代理店の女性担当者の努力が大きかったと思います。ショールームでガゲナウをどうしても入れたいと言う私の熱意に負けたのかと思います。何度も自宅に足を運んでいただきました。代理店の取引のある内装の業社の担当者と既存のキッチンに入れる方法がないかを何度も確認していただきました。結果的にガゲナウを選んだことで、このキッチンが完成したのだと思っています。

私が頼んだガゲナウ・ビルトインキッチン機器総輸入発売元 N・tec ホームページはこちら

まとめ

最初の予想より、普段使いになっています。スーパーで買ってきたお肉を焼いたり、野菜を焼いたり。。グリルを使うことは、私の生活ではもう当たり前になりました。美味しいというよりこれが普通と感じています。うーん。コシヒカリが最初は美味しく感じるけど、毎日食べていると当たり前って感覚に似ているのかなと思います。お手入れも思ったより簡単で、導入してよかった家電です。

おまけの話

当時ガゲナウを調べるうちに、「キッチンがガゲナウで統一」されている、ある写真教室の先生のブログにたどり着きました。工事も終わってマンション暮らしが始まって1ヶ月頃した頃。写真教室に申し込みをしました。理由はガゲナウのある素敵なキッチンを見たかったから(^^)

写真ってあまり興味がなかったけど彼女の教える写真にはまり、撮影した写真を載せるためにブログを書くようになりました。そして今では友人でもあります。ご縁って面白い♡ 彼女のご自宅のガゲナウ記事も参考にどうぞ。

[su_note note_color=”fea9fe” radius=”0″] 美食同源アメブロ記事より

「ホームパーティー準備」記事はこちら

「ガゲナウBBQグリルで研究中」記事はこちら

「ミートセンサーで完璧!!簡単ローストポーク」記事はこちら

彼女と一緒に出かけた台湾旅行。こちらは私の旅ブログの記事をどうぞ

[/su_note]

コメント

*

CAPTCHA


error: Content is protected !!