<クイジナート>ミニフードプロセッサーの使い心地

キッチン家電

はじめに

実はフードプロセッサーを購入は2回目。全く同じ商品を2回購入しました。
1回目はイメージだけで購入して、使いこなせなく、断捨離してしまいました。
そんな私が、おかずの作り置きをするようになってから、フードプロセッサーが欲しくなり、再度購入しました。今では料理に欠かせすことのできない家電です。なぜミニサイズがハマったのかを中心に書いてみたいと思います。

 

フードプロセッサー「ミニシリーズ」

現在使っているのは、クイジナート製です。
ミニシリーズは、0.5リットルです。

 

色々な色が発売されています。私はステンレスタイプを使っています。
クイジナート公式ホームページはこちら

使う目的

「みじん切り」のみです。でもみじん切りは料理の基本。登場回数は多いですよね(^^)

私のみじん切りベスト5

第1位  玉ねぎ

第2位  ニンニク

第3位  ネギ

第4位  ショウガ

第5位  大根(こちらについては別途記事あり)

番外編 パセリ

 

感想

1回目の購入でなぜ断捨離したのかと考えると、購入時のパンフレットには美味しそうなメニューが並んでいてチャレンジしていたから。。2回目の購入ではみじん切りだけを作ろうと思い、パンフレットの方を断捨離しました(笑)

下の写真は断捨離してしまったフードプロセッサー。ちょっぴり後悔です。今はステンレス色を使っていますが、色は何も関係ありませんね。

<よかった点>
なんといってもサイズの小ささ。
キッチンに出してもスペースを取らないこと。私の場合は、普段はしまっていますが取り出すのも軽くて簡単。少量のみじん切りもあっという間に出来上がります。

<改善してもらいたい点>
音がうるさい。
小さいからといって、可愛い音ではありませんが、短時間なので許容範囲内ですね。

オプション「おろしカッター」買う必要なし

大根おろしを作りたくて、購入しました。
アマゾンのレビュー(あくまで数人)が良くなかったので、買おうかどうか迷ったけど、何事も自分で試さなきゃわからない!
ってことで購入してみました。

感想

「わざわざ買う必要なし」

実際に使ってみて思うことは、
標準で付いている、「羽形」の歯で十分「大根おろし」が作れるってこと。

オプション販売の「おろしカッター」は、実際の大根おろしと同じ歯の形。
それを、上から機械の力で押して、大根おろしが出来上がります。
(具体的には、下から、おろしカッター→ある程度の大きさに切った大根→専用のプラスチック落し蓋)

すごーーく時間がかかります。
なので、「出来ない」とレビューに書く方もいるのです。
そして、欠点の1つでもある、音のうるささ。
ずーーとうるさいので、オススメしません。

まとめ

私の場合は、色々作ろうとするとパニックになるのかもしれません(笑)結局使わなくなっちゃってましたが、みじん切りに特化させたことで復活できました(^^)

特に中華料理では、みじん切りが多く出てくるように思います。ネギやショウガをみじん切りするレシピですよね。最近は麻婆豆腐作りにハマりました(^^)

「みじん切り」が早くできるだけで、助手がいるかのよう(笑)時短家事に繋がっていると思います。お手入れも簡単でおすすめです。

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!