海外家電

このブログについて

AKOです。1971年生まれ。横浜でワンコと1人&1匹で暮らしています。40歳の時に1LDKのマンションを購入しました。インテリアが大好きで、新築時と入居1年後にリフォームしましたが、今は家は3回建てないと理想の家にならないという言葉を実感しています。こちらのブログは、未来のリフォームを目指して「おうちが大好きな方」と繋がりたくて書き始めました。マンション購入後に暮らし始めたワンコ生活のこと。そして進化している家電の使い心地などを綴っています。

history

<海外家電>ティファール製のアイロンを愛用・現在は7台目です

<海外家電>ティファール製のアイロンを愛用・現在は7台目です

はじめに

ティファール製のアイロンを愛用しています。現在ティファールアイロンは6台目。最初に使ったのは15年くらい前。使う頻度が多いので壊れることも多く、1年〜1年半で買い替えています。私のアイロン生活をご紹介します。

アイロンの頻度

ほぼ毎日使用。多いときは1日2回です。

アイロンを掛けるのは、主に寝具。全てリネン(麻)で揃えています。大のリネン好きです。現在、枕カバーはイタリアブランド「BORGO」シーツは無印。

写真では写っていませんが、掛けカバーはフランスブランド「ALEXANDRE TURPAULT」を使っています。 シーツも同じブランドで買い揃えたいけどまだ予算の関係で実現していません・・・。

以前パリで購入すると少し安いと聞いて、お店に行ったのですが、私の使っている「セミダブル」のシーツは、店頭には置いてありませんでした。セミダブルって日本仕様なのですね。知りませんでした。

世界では「シングル」「ダブル」「キング」が基準なのですね。寝具を揃えるよりダブルベットに買い替えたい(笑)

そしてベットスローは、現在香港に在住のインテリアアドバイザーで友人のKOTOMIさんにオーダーしたもの。軽くてとっても使いやすいです。引っ越した当時はもっと重たい素材を使っていたのですが、実際には寝るとき移動させたりと手間がありました。このお話は彼女のホームページ「STYLE OF PLACE in 香港」記事はこちら

そして最近はエプロンもリネン製を使っているので、アイロンが必要になりました。

私のもう一つのブログ 旅ブログより「ベトナム ホーチミン オーダーメイドでエプロンと犬の服を作る」

 

[su_note note_color=”fea9fe” radius=”0″]

「BORGO」と「ALEXANDRE TURPAULT」

日本代理店公式ホームページはこちら

トップページの「ブランド」で選択すると各ブランド選べます。ちなみにこちらでは「セミダブルサイズ」も購入できます。私は新宿伊勢丹に出店している時に購入しました。年に数回あるそうです。[/su_note]

香港にKOTOMI さんに会いに行ったお話も旅ブログでどうぞ。

ティファールを愛用する理由

寝具を語ると熱くなって脱線しましたが(笑)アイロンの話に戻って・・。
アイロンを色々使って、行き着いたメーカーは「ティファール」でした。

ちなみに過去使ったことはあるメーカーは、パナソニック社。ドイツDBK社などです。ドイツ製はいいけど、自動停止装置がついていないのが難点。安全性とシワの伸び方を考えると「ティファール」に落ち着きました。

DBK社のアイロンはこんな感じです。

私のアイロンの選び方

 

コード付き製品

ティファール製だったらなんでもいいわけではありません。コード付きタイプを愛用しています。ティファール製のコードレスタイプを使ったこともありますが、シワの伸びに満足しませんでした。すぐにコード付きタイプに買い替えました。コードレスタイプの難点はアイロンの熱が持続しないのでシワが伸びないこと。

「重さ」と「通常スチーム量」を比較

重さの比較については、はアマゾンの方が見やすいと思います。公式ホームページはもっと見やすくしてもらいたいと思いますね。今の商品と比べてどうかで買い替えます。スチーム量最近は電気屋さんではなくアマゾンで購入しています。

公式ホームページはこちら

使っている商品

現在ティファール製アイロンは6代目。現在私が使っているアイロンです。

下記商品の方がスチーム力がアップしていますね。もし壊れたら、これに買い換える予定です。

使用感想

<良い点>
アイロン自体が重たいことで、しっかりシワが伸びること。

<気になる点>
(1)今度は逆説ですが、重たいこと(現在1.6kgを使用中)それでも重さでシワが伸びます。
(2)座面が大きいので小物のアイロンがけには小回りが悪いこと。

アイロン台

アイロン掛けは好きな方だと思いますが、それでも時短にはしたいと思います。アイロン台も何台も買い換えて現在使っているのはこちらです。スエーデン製の「RORETS」です。アイロン台置き場の部分は自分で取り外して使っています。写真は以前使っていた商品との比較です。このちょっとの差が時短になっています。

替えのカバーを時々購入しています。ただこのカバー時々外れて使いずらいと感じることがありますがしょうがないのかなと。

付属のアイロン台カバーのクッションは薄いので、最近は、クッションを別に購入しています。アイロン台に厚みが出てアイロンがかけやすくなります。こちらの商品は、自分でアイロン台の大きさに切るのですが、簡単にできました。

現在、ロレッツ社のアイロン台は、少し小さいサイズも販売しているようですね。

公式ホームページでは、アイロン台のカバーの可愛い柄が売っていますね。いつかスエーデンまで買いに行きたい(笑)

RORETS公式ホームページはこちら

 

参考までに、以前使っていたアイロン台もご紹介します。ちなみにいつもアイロン置き場は、工具を使って自分で取り外して使っています。

以前使っていた商品は、ディノスで購入しました。使いやすかったのですが、もっと大きなものが欲しくて買い換えました。 作業効率は上がりましたけど、ちょっぴり邪魔に感じることもあります。でも・・許容範囲内です。

アイロン台ディノス公式ホームページはこちら

総合評価

最近ティファール以外のアイロンを使っていないので、他社との比較はできませんが満足しています。比べるのはあくまでティファール商品同士です。アイロンはどんどん進化しているので、日々の生活に合わせて買い換える商品だと思っています。以上私のアイロン生活のご紹介でした(^^)

ティファール公式ホームページはこちら

 

 

 

 

コメント

*

CAPTCHA


error: Content is protected !!